血糖値や血圧、血流の改善、更年期障害にも効果アリ

 

疲れが取れない、肩がこる、冷え性、といった悩みを日常の一部だと諦めている人はいませんか?

または、糖尿病、痛風、自律神経の乱れなど薬に頼っている人もいると思います。

 

Fotolia_65948535_XS

「なんとなく調子が悪い」という人も実は体の中ではSOSを示しているのです。

だからといって薬に頼るのではなく、自然な成分で解消する方法があるのなら試したくないですか?

不調の日々から脱出を!

コレステロール値が高い 

健康診断でLDLコレステロールが高いと言われたことはないですか?

一番の原因として挙げられるのは「食べ過ぎ・飲みすぎ・運動不足」なんです。魚ではなく肉中心とした食生活もコレステロール値をあげる原因ともなります。日々の生活から見直すことが大切となります。

⇒食事ではなかなか数値を下げることができないという人はコチラ

尿酸値の数値が高い

尿酸の数値が高いままほっておくと老廃物の一種が血液中に増えて体の中に溜まったままになり、痛風という発作を起こすのです。代表的な症状は、足の親指の関節が晴れ、激しい痛みを起こします。発作のほとんどが下肢の関節に起きるのが特徴です。

激痛で歩けない、という怖い痛風に向き合い予防することが重要です。

⇒検診で尿酸値異常と判断された人はこちら

血糖値が高い

血糖値が高くなり起こる糖尿病は、自覚症状が出にくい病気です。異常に口が乾く・多尿・体重の減少・疲れやすいなどといった症状は糖尿病の恐れがあります。

糖尿病が悪化すると様々な合併症になったり、脳卒中などの大きな血管の病気になってしまいますので注意しましょう。

⇒糖尿病予備軍の方はこちら

更年期障害

45歳以上になってくると閉経とともに卵巣の働きが衰え、女性ホルモンの分泌が減少します。そのため自律神経の調節がうまくいかなくなり、イライラや火照り、気分の浮き沈みなど様々な不調が起こりやすくなるのです。生活に影響が出てくるまでになると外に出ることもできなくなってしまいますので、その前に改善しておきたいですよね。

⇒更年期による異常な汗に悩んでいる人はこちら

 

健康診断は必ず受けましょう!

-shared-img-thumb-N934_sarari-mannishindanOK_TP_V

 

今や健康診断は、健康管理のために企業には義務付けられています。

 

なのに、健康診断を受けるのが面倒だとか、結果が悪くても再検査に行かない人も多いのです。

 

せっかく悪いところを見つけてくれているのですから、それに感謝しないといけません、体の中のことは自分ではわかりませんので結果を真摯に受け止め、改善して健康な体を維持しましょう。

 

検診で数値が不安な方に飲んで欲しいおすすめサプリ