高血圧の薬を飲むより体にいい!白井田七の特徴は?

SONY DSC

日本では、高血圧は今や国民病とも言われています。

 

icon-point-b-r 血圧が少々高くなっても自覚症状がなく、知らない間に突然死につながる疾患を引き起こす可能性があります。

 

自分で毎日血圧のチェックをしない限り、自分が高血圧とは気づきにくく、大半は健康診断などで知る事になります。
病院で高血圧の治療となると、重症の場合は降圧剤の服用を勧められる事が多いです。

薬に頼らず健康になるには?

降圧剤は確実に血圧を下げる効果があるのですが、一度飲むとずっと服用を続ける必要があり、また副作用に悩まされる人もいます。

降圧剤に頼りたくない!もっと体に優しい方法で治療したい!と考えるなら、白井田七」サプリがおススメです。

 

田七2

 

田七人参は古い時代から中国で薬用として使われており、漢方薬では最高級の分類に属しています。
有名な高麗人参を上回る栄養価があり、また様々な数値の改善に効果を発揮するため、長生きの秘訣と評価されています。

田七人参で予防や改善が期待できる病気は、高血圧をはじめ、高脂血症や心筋梗塞、狭心症、ウイルス性肝炎、慢性肝炎、更年期障害などが挙げられます。

また血糖値を正常に近づける作用があり、糖尿病の予防・改善にも効果を発揮します。

 

もちろん現在特に疾患を抱えていない人にも有効で、滋養強壮や肉体の疲労回復が期待出来ます。

中国の奥地である雲南省の標高2000メートルのあたりで栽培されているのですが、これは無農薬で栽培するためです。
錠剤になっていますが、つなぎは有機玄米で余計な添加物も入っていません。
和漢のチカラで悪い数値が改善出来た、体が丈夫になったなど、愛用者からも多くの口コミが寄せられています。